2018年4月10日火曜日

継続車検


にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村(こちらからMOTO GUZZI 乗りの方々のブログが読めますよ。)

2018年4月9日(月)

行ってきました。ユーザー車検。
車検証、自賠責(新、旧)、納税証明書、点検整備簿。忘れ物なし。

四国運輸局香川陸運支局です。かれこれ4回目でしょうか?2年毎なのでお約束通り手続きを忘れてます。

今回は第2ラウンド(10時半スタート)を予約して10時受付だったのですが思ったより早く到着したので申込用紙に記入して重量税やら点検費用を払って用紙を出すと「今から3レーンに行ってもらっていいですよ」とのこと。第1ラウンドで受験です。

チェックはいつもと同じで
・ウインカー、ホーン、ブレーキランプ点灯チェック。
・フレーム番号とエンジン型式を照合して走行距離をチェック。
・寸法チェック。(幅と高さ確認)
・ハンマーでの主要ボルト類の緩みチェック。
・レーンに入り前後のブレーキチェック。
・スピードメーターチェック。
ここで「スピードメーターが振れてませんね。後にしましょう」とのこと。むむ、さっきまで振れれたのに。このタイミングでワイヤー切れたのか?まあ、後にしよう。

次が因縁の
・前照灯チェック。
今回はチェックロボがスーッと動いて正面でピタッと止まりました。しばらくすると”○”表示。おお!事前のチェックボードが役に立ったぜとニマッ。

問題はスピードメーター。とんだ伏兵出現です。一度回ってきてくださいとの指示で支局内をグルッと回ります。その時にスピードメーターを見ると30kmちょっとで表示してます。ちゃんと動いてるやん。ってことでレーンに到着。構内を走ってる時には表示してることを告げると、もう一度乗ってくださいとの指示。そこで検査官が30kmからしか表示がないことに気づき、あ、さっき振れなかったので途中でローラーを止めてしまいました。御免なさいとのこと。今回はちゃんと振れてOKとなりました。

ちょっとしはハプニングはありましたが。無事合格してH32年4月までの継続完了となりました。

合格した後、検査官にリアキャリアとカウルは寸法変更で構造変更必要ですか?と確認したところキャリアやカウルは指定部品に当たるので恒久的な取付(溶接等)以外なら構造変更には当たりませんよと明確に回答を頂きました。これで次回からはフロントカウルも取り付けたまま車検を受けれることの確認が取れました。最初からカウルが付いていてカウル含めての寸法で登録されているカウルを外してネイキッドにすると構造変更になるとのこと。要は最初の登録がどの形で登録されているかで決まるそうです。850-Tの場合はメーター部が車高となっておりフロントカウルをボルト留めで付けるのなら問題なしってことです。
一つ賢くなった。

もちろん排ガス検査も騒音測定もなしです。

前照灯も自作簡易チェックボードで調整することで自信を持って車検に臨めます。

車検は基本部分の検査だけなので車検のための整備ではなく日頃からそれ以外もしっかりとメンテしていくことが大切だねーと思った一日でした。

車検時走行距離:5500km


見慣れた第3レーンです。でもどうするのか思い出せない。

この位置です。ほぼ真正面ですねー

H32年4月まで継続です。

カウルを付けていつもの姿に戻します。

ここからスタートです。






2018年4月8日日曜日

車検前点検


にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村(こちらからMOTO GUZZI 乗りの方々のブログが読めますよ。)

2018年4月8日(日)

車検前の点検をしました。
点検項目は色々ありますが、ほぼメンテ済みなので光軸調整を実施してみました。

四国運輸局から前照灯に検査についてという資料が出てます。これを参考に前照灯を調整します。
車検で今まで一度も一回で通過できていない前照灯の検査です。今回は簡単な確認ボードを作って調整してみました。
二輪車の場合は走行用前照灯(ハイビーム)での検査になります。ハイビームで前照灯中心から10m先で、上は100mm以内、左右は270mm以内、下は前照灯中心の1/5mm以内に最高光度点が入っている必要があります。
そこでプラ板でチェックボードを作って光軸を調整してみました。実際に10m離れると光軸の中心がわからないので5mでチェックです。
5mでも光軸の中心がどこなのか微妙です。中心からちょっと下あたりを狙って調整してみました。これで1回通してみて、ダメならテスター屋へ持ち込みましょう。
光量は15000cd(カンデラ)以上が基準ですがリレー回路を設けてバッテリー直結回路ですしハロゲンも新品なので問題なしでしょう。

後は、カウルはとりあえず外しました。これは微妙な判断になるらしいのですが車体とみなされると車高が大きく異なって構造変更が必要となるので外します。車高はメーターの高さになるはずです。
リアキャリアは問題ないとの答えが多いのでとりあえず取り付けたまま受けてみます。ダメと言われればその場で外す計画です。

騒音は規制なしなので測定しないと思いますが99db以内に入っていることを確認しました。

空気圧もOK。

それでは明日の第2ラウンド(10時から)で車検行ってみます。


簡単なチェックボード作ってみました。

3m程度から。うーん光軸の中心ってどこだ?

5mです。(ほぼ真ん中ちょっと下あたり?)

一番近づいたところ。左斜め下が中心なのでしょうか?わからん。

騒音チェック。97dbでした。

このキャリアはつけたまま行ってみます。

カウルは外しました。

空気圧チェックOK







2018年3月25日日曜日

テールランプを替えてみた


にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村(こちらからMOTO GUZZI 乗りの方々のブログが読めますよ。)

2018年3月25日(日)

 やっと暖かくなって来ました。今日も気持ちよく走れました。相変わらず調子よし!

さてと、プチカスタムでテールランプをLED化してみました。
グリップヒーターを付けたのは以前の記事にも書きましたがグリップヒーターを気兼ねなく使うために出来るだけ省エネしよう作戦です。

選んだのはM&HマツシマのLEDランプRDK(レッド&電球色モデル)です。旧車にはLED球の白い光が合わないので敬遠してたのですがナンバー灯が電球色の温かい色合いのモデルがあるのです。旧車こそLEDにして消費電力抑えるべきなので需要があるのでしょうね。しっかり商品として対応されているあたり流石です。

テールライトの差し込みを見ると高ピンがナンバー側に来るのでL8183RDK口金ダブルタイプが適合です。早速交換、一瞬で終了。光具合は良い塩梅です。全体的に少し明るくなりました。

気になる消費電力は

電球 12V 12W/5W(ストップ/テール)
LED 12V 1.2W/0.5W(ストップ/テール)

ショップの考え方なのかライトを消していてもテールランプは常時点灯する回路になってます。後方へのアピールの点から正解なカスタムだと思います。なので5Wは常に消費していたのですが、それが1/10の0.5Wになりました。ブレーキ踏んでも1/10です。
省エネは小さなことからコツコツと...です。

なお、このLEDテールランプですが4,000円ほどです。うーん少々お高い。電球だと400円ほどですから。1/10にするために10倍の投資。費用対効果は微妙ですがLEDなので球切れせず長持ちしてくれることに期待しましょう。(LEDチップより基板のコンデンサチップが先に終わるんでしょうけどねぇ)



ナンバー灯が電球色タイプです。

高ピンがナンバー側なのでL8183ですね。

電球です。リフレクターがそろそろヤれてきてますね。

電球テール点灯

電球 ストップ点灯

 LED球です。

LED テール点灯

LED ストップ点灯。

電球と雰囲気が変わらずでちょっと明るくなった感じです。

自然な色合いです。

ストップ点灯。明るいですよ。









2018年3月11日日曜日

カウルを着けてお散歩ツー


にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村(こちらからMOTO GUZZI 乗りの方々のブログが読めますよ。)

2018年3月11日(日)

GIVIのフロントカウル付けてみました。
やはり高速走行時の風圧防止とか、雨降り時のメーターやライト廻りに直接雨に当たらない保護とか考えるとカウルあったほうが良いです。ただし、車検ではこのカウルはボディと見なされそうな予感なので4月の車検時には外すつもりです。
外したり付けたり気分によって選択すれば良いかと思います。

ついでに自主運用のETCアンテナが防水ではないのでケースに入れました。100均の画鋲ケースを加工です。メーター前に設置。これでカウルを外した時でも直接雨に当たらないので大丈夫でしょ。

マフラーを交換したので様子見のため150kmほど散歩コースを回ってみました。同調をチェックして、キャブのパイロットスクリューは2回転戻しからスタートし若干絞り気味に調整。乗ってみると、なんとなく調子がすごく良い。抜けが良くなってるのでアフターを吐くかもと思い、アクセルを素早く戻してもパンパン言いそうな様子もなくとても調子が良いです。アイドリングも安定してます。
低音が響き鼓動感も強くなって別のオートバイのような感覚です。
ついでに動画撮ってみました。

本当ならキャブもバラそうかとも思ってましたがこれなら触らないほうが良いでしょう。途中でプラグを抜いて確認すると、若干白いキツネ色に焼けてましたので燃焼も安定してきた感じです。

調子いいのに触って壊す。鉄板ネタになりそうですから。。

調子の良さは燃費にも。帰りに燃料補給したところ230km/12.3L入りました。単純計算では18.6km/Lですがジェネレーターの電流測定とか同調とかでガソリンを抜いて0.5L程度は使ったはずなので230km/11.8Lだと19.5km/L走ったことになります。下道で結構なペースで走ってこの燃費なら満足です。次回の給油が楽しみです。

良いこと尽くめかと思いきや、帰ってふと見るとリアタイヤにヒビが入りはじめました。溝は十分残ってるのですが油分が抜けてゴムがそろそろ硬くなってきてる感じでしょうか。命を乗せるタイヤなので早めに交換しようと思います。
サイズ的にも色々選べるタイヤもないけど、どれにしようか悩み中です。





カウル着けてみました。

やっぱりこれがあると安心ですねー

リアタイヤにヒビが。。。ゴムが硬化しはじめてるのでしょうね。

ETCアンテナケースは画鋲のケースです。

カットして

綺麗にして。

接着剤で接着。適当なのがなかったのでグリップ接着剤で。

メーターケースの前に両面テープで接着です。

上からの雨が凌げれば大丈夫でしょ。




2018年3月4日日曜日

回らない赤いプロペラ


にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村(こちらからMOTO GUZZI 乗りの方々のブログが読めますよ。)

2018年3月4日(日)

 突然なのですがマフラー変えました。
赤いプロペラ。ラフランコーニコンペV7Sport用です。

元々着いていたのでラフランコーニのT3,G5用のマフラーです。これはツーリングユースなのかエンドが絞ってありペチペチ音で少々寂しいサウンドです。アクセルを開ければそれなりに良い音はしてたのですがちょっと静かすぎの感じでした。

そこで半年ほど前からマフラー変更計画を練って、色々探してました。

そのままポン付けするのならミストラルの850T,T3,G5用があり音はエンドバッフル付きで外すと魅惑的(爆音)な音になるとのことです。ステンレス製なので腐食にも強そうです。でもね形がなんとなく気に入らない。

次にラフランコーニのSP2,T5用のマフラー。これは形的には良いです。ちょっとアップマフラーになるのでステーを自作すれば取り付けできそうですがアップになるのが気に入らない。やはりマフラーは地面と水平でなくちゃ。

そこで目をつけたのがV7Sport用ラフランコーニコンペマフラーです。ただ、大きな問題があります。このマフラーの差し込み内径が40mmと書いてあります。現在のH菅の外径は42mmです。この2mmは広げるにも専用機械がないとどうしようもない数値です。

この3種類でどれにしようかと悩んでいたのですが結局、赤いプロペラで地面と水平な取り付けでラフランコーニと大きく浮き彫りされたスタイルが素敵なV7Sport用を購入することにしました。今更ながらの鉄製なのも良い音がしそうです。なお差し込みは異径ソケットで対応することとします。何とかなるでしょ。

早速、Guzzi乗りにはおなじみのドイツのショップでカートにポチッとなです。2月16日に購入処理を入れて手元に届いたのが3月1日でした。およそ2週間でした。今回ちょっと不思議だったのが、消費税が2500円と通関料200円で済んだことです。関税は車やオートバイパーツ関係なのでフリーなのは納得ですが消費税が安い。うーん得した気分です。
先日のジェネレータ事件。これを事前に購入してたので、さらなる出費が!って青くなってたわけです。

土曜日に今のマフラーを外して採寸チェックです。サイズ的にはほど同一サイズ。ブラケット部分から差し込み部分までもほぼ同一寸法です。重量はちょっと軽いくらいでした。同一寸法ということは異径ソケットでは長くなりH菅カット決定です。かなり年期の入ったH菅なので躊躇なく35mmカットしました。会社に行けば簡単に切れるのですが土曜日の夜に会社に行くのも怪しい話です。IDカードで入出記録も残るので手作業でカットしました。疲れます。道具の偉大さを改めて認識しました。
異径ソケットは内径42mmと外径38mmです。内径42mmをH菅側で外径38mm側にステンレステープを巻いて太らせ40mmのマフラー内径に合わせました。
取り付けてみると計算通りでしっかりと装着できました。

赤いプロペラは今だけなので写真に収めます。すぐにカーボンで黒いプロペラになるでしょう。

てっきりラフランコーニコンペは直菅マフラーかと思ってましたが中を覗くとバッフルのようなものが入っており直菅ではない構造でした。変な板が見えますね。このサイトにカット写真がありますが思ったより複雑な構造です。マフラー消音は奥が深いですねー。

気になるサウンドは。
低音が響いて高音がカットされたいい音になりました。爆音じゃないのも良いです。iphoneアプリで簡易的に測定しても94db程度でした。旧車の規制値99db以下を満足しているので最近厳しくなった騒音検問でも何かと安心です。

とりあえず近くの公園で動画撮ってみました。iphone5sで防水ケース入りの条件で撮ったので実際の音より軽い感じにしか撮れませんでしたが興味のある方は参考にしてください。

さて、ますます良い感じになってきました。春先からのツーが楽しみです。

重さ9kg弱でした。箱デカイ

中身です。うーーん綺麗。素敵!

H菅をカット。手作業は疲れます。

異径ソケットです。


これでカットしました。NASAも使用してるって...本当ですか。

マフラーを並べて比べてみます。

赤いプロペラ。素敵ですね。

H菅に異径ソケット装着です。

中を覗くとバッフルらしきものが確認できます。

今しか撮れない赤いプロペラ

地面と水平です。

キッチリ装着できました。

この後ろ姿がなんとも言えません。

綺麗です(今だけです)