2017年7月8日土曜日

バランス調整

にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村(こちらからMOTO GUZZI 乗りの方々のブログが読めますよ。)

2017年7月8日(土)

お久しぶりの投稿です。
6月は仕事柄、色々な書類申請があり残業も付かないのに休日出勤が続いてました。それでも半日時間ができれば周辺へお散歩ツーをしておりました。

先月ファイナル、トランスミッションオイルを交換して、漏れも直して気持ちよく走れてはいるのですが、プラグの焼け具合と燃費の宿題が残ってます。
燃費は燃焼効率が上がれば結果論として上がってくると思うのでプラグの焼け具合から推測される燃調が濃い状態を調整しようと思います。

燃調といえばキャブを調整。。になるのですが、その前に全体のバランスを見ることにしました。基本が調整されてないとキャブ調整なんて無意味ですしね。

1.キャブレターの同調(負圧バランスの調整)
2.点火タイミングの確認

先ずは、負圧バランスを見てみます。
使う道具はTWINMAX。左右のインテークマニホールドにM5のニップルを差し込んで吸気の負圧バランスを見ます。アイドリング時は綺麗にバランスしてます。1500rpm辺りでやや右バンク側が強くなるのですが、2000rpmを超えるとまた綺麗にバランスします。うーん。アクセルワイヤーの長さ調整しか出来ないのでこの辺りで良しとしましょう。

次に点火タイミング。
タイミングホールからタイミングライトで点火のタイミングを見ます。右バンクはDマーク(TDC Position:上死点)のちょっと手前に点火タイミングマーク(RETADED Mark)があり、左バンクはSマークのちょっと前です。もう少し手前は進角マーク(FULL Advance Mark)です。

アイドリング時は点火タイミングマークにシンクロし、回転を上げると進角マーク辺りにシンクロするはずです。タイミングライトはプラグコードをクランプして電圧が印加されるタイミング(スパークするタイミング)で光ります。この光をフライホイールに当てるとシンクロして残像が残り止まって見えるので点火タイミングの確認ができる仕掛けです。見やすくするためにフライホイール側に白ペンでマークをして見やすくしました。

測定した結果は、アイドリングで左側は進角マークちょっと手前で点火してます。右側はほぼ進角マークの位置です。ちょっと点火が早すぎ気味です。

調整しましょう。
調整はVバンクの中にあるコンタクトブレーカーで位置調整をします。タンクが邪魔なのでタンクを降ろします。燃料ホース2本だけなので取り外しも簡単です。フレームに乗っけてあるだけでゴムバンド1本で固定って。。大丈夫なのでしょうか。

コンタクトブレーカーのカバーを開けます。ここにコンタクト端子が2個あります。赤の配線が右側、緑の配線が左側のタイミング用です。この車両は点火系がウオタニSPIIに変えてあるのでこの接点は点火タイミングだけに使用してます。なのでコンデンサも外してあり配線もカットされてます。
接点信号だけなので端子が荒れたりすることもないのですが一応ギャップは測ってみました。0.40mmなのでOKです。タイミングはマルチメータを使って点火マークのところでONするように調整します。

併せてコンタクト端子の下にある遠心ガバナーも見てみます。
これは回転数を上げた時に点火タイミングを早くする(進角させる)ための機構です。遠心力で重りが開いてスプリングでバランスして中心のカム山が移動することで点火タイミングが変わる仕掛けです。メカニカルでシンプルなやり方なので細かい調整は出来ませんが昔は皆これでしたね。このスプリングが伸びたり、重りがスムーズに動かないと進角がうまく働かず点火タイミングが調整されなくて吹けないとかスピードが出ないといった症状が出ます。
スプリングも動作状態も大丈夫そうなのですが一応潤滑剤をスプレーしておきました。

ここまで調整して、復旧です。エンジンをかけて点火タイミングを見てみます。今度はちょうど良い感じでマークにシンクロしてます。

さあ、試運転です。
変わりましたぞ。加速してシフトアップする時にスムーズに繋がる感じで谷がなくなった感じです。全体的にトルクアップしてスムーズになって上が伸びるといった感じでしょうか。
何台もGUZZIを乗られている方なら比較できるのでしょうけど、これしかない場合は以前の状態とどう変わったかで比較するしかありません。(バッチリ調整されたGUZZIに乗って比較してみたいものですね)

市街地で信号で止まったり、郊外で制限速度+程度で走る一般的によくある感じで50キロ程走ってプラグを外してみました。以前は真っ黒で燃調が濃い状態だったのですが、明らかに綺麗な焼け色に変わってます。夏場でこれならまあまあでしょ。
キャブを調整しようかと思いましたが、スムーズに気持ちよく走れるし、この燃焼状態なら、まあいいかもーって感じです。
これでしばらく走って燃費を見たいと思います。

いやー。自分で弄って結果が付いてくると面白いです。これが旧車の醍醐味ですかね。


負圧バランス確認用のTWINMAXです。

タイミングライトです。

調整するためにここで回します。前から見て時計方向ですよ。

負圧確認中

タンクを外しました。脱いだら細いんです。

コンタクトブレーカーです。

ポイント調整の図面です。

ご開帳。

マルチメーターでON/OFFを確認します。

ポイントギャップも確認。

外してみました。

接点の状態。綺麗です。

遠心ガバナーです。回転すると遠心力で広がってカム位置が変わって進角します。

スムーズで大丈夫そうです。

点火時期確認。OKです。

以前のプラグの状態。真っ黒ですね。

調整後。50キロ走っての状態。ススが飛んで綺麗な焼き色になってます。

ついでにプラグ磨いてみました。真鍮なのでゴールドに光るんです。

こっちも。

しばらくこれで走ってみます。


2017年6月4日日曜日

ファイナルとトランスミッションオイル交換

にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村(こちらからMOTO GUZZI 乗りの方々のブログが読めますよ。)

2017年6月4日(日)

 先週の日曜と今週の日曜にかけてファイナルとトランスミッションオイルの交換作業をしておりました。

走った後にファイナルのドライブピニオンギヤ部からタラーとオイルが漏れることがあります。
ユニバーサルジョイントを交換した際にドライブピニオンケース接続部に入っているはずの0.1mmの紙パッキンが無いことはチェックしていて液状ガスケットを塗ろうと思ってたのにうっかり忘れてました。
これが原因なのでパッキンを手配して交換を行った訳です。

本来ならファイナルオイル交換は6000マイル(9600km)毎で、まだ1300kmしか走っていないので交換の必要はないのですが、ついでに交換してオイル状況などを確認してみようと思いオイル交換をしてみました。

交換したオイルはAMALIEのギヤオイル80W-90です。これは横浜のショップで使われていたオイルでお薦めですよとのことです。
このオイルは1本946cc入ってます。ファイナルに必要な量は250ccで一度開封したオイルはできれば使い切りたいので、ついでにトランスミッションオイルも交換しました。
トランスミッションオイルは750ccなので両方合わせて1000ccです。
50ccほど足らない分はファイナル側へハンマーオイルを使いました。内部に古いオイルが残ってるので若干少なめでも問題ありません。

ファイナルオイル交換はドラムブレーキタイプは下部のSUMP部ボルト6本を外します。これを外すと、得体の知れない赤色の液が混ざってました。サビでもないし、ギヤの当たり具合を確認した光明丹か何かなのでしょうか。

ドライブピニオンケースを外してピニオンギヤとベベルギヤを確認しましたが偏磨耗もなく問題なさそうです。当たり具合が深いのか浅いのか、判断基準がわからないので判断つきません。

ここで、ドライブピニオンケースにOリング発見。Oリング手配してません。かなり硬化、変形してるので交換したかったのですがそのまま使用です。(すぐに手配しました)

パッキンを交換、液状ガスケットも着けて組み立て完了です。
ファイナルオイルには二流化モリブデンを混ぜて焼き付けを防止します。オーナーズマニュアルでは20cc混ぜろと書いてます。20ccって結構な量ですよ。

ファイナルオイルを交換した後、トランスミッションオイルも交換して完了です。


と、ここまでは先週のお話。


作業した前後は写真を撮るように心がけてます。
夜、写真を見てると気になる写真が1枚。スイングアームとファイナルミッションを取り付けた写真です。

あれ?俺ちゃんと方向合わせて組んだよね?リアがディスクの車種はここのハウジング上部にラウンドがあり組み立て方向が分かりやすいのですが、ドラムブレーキタイプは真四角な構造でどの向きにも組めるので不安が募ります。

ここをちゃんと組んでおかないとドライブピニオンギヤ部にオイルが供給されず焼き付く可能性があります。

疑心暗鬼状態です。で、今週ピニオンギヤケース部のOリングが来たので、再度分解組み立てを行なってOリングを交換した訳です。

結果的にはピニオンギヤケースはちゃんと組み付けてました。良かったよ。

それにしても、2週連続で分解、組み立ては疲れました。

マフラーを外し、ヘプコ&ベッカーのサイドケースステーを外し、グラブレールとシートを外し、ドラムブレーキのステー類を外し、タイヤを外し、リアショックを外し、逆の手順で組み立て。のんびり3時間ほどの作業でした。もう手慣れたものです。

ついでに、スパークプラグも交換。左右ともやや燃調が濃いめのような焼け具合です。キャブ周り含め燃調を一度確認したいと思います。

試走してみると漏れもなく気持ちよく走ってくれます。ただ、燃費が思ったより悪いのです。
走り方の問題なのかも知れませんが15km/L〜19km/L程度で20km/L以上は走るだろうと思ってたので燃調をする必要があるかなーと思ってます。低めのギヤで回転数を上げてトルクを掛けて走るのが気持ち良いのでそれが燃費を悪いしてる原因かも。。とも思いますが。

まだまだやることが色々ありそうな予感です。

手のかかる子ほど可愛い。まさにこれです。

こんな感じで漏れてます。

ミッションオイル交換です。まだまだ使えるけど。。。

フィナル下部のSUMP部です。ここを外さないとオイル抜けません。

なにやら赤色の液体が混ざってました。

パッキンを剥がして綺麗にします。赤いのが血痕っぽい。

ピニオンギヤが見えます。当たりは半分程度。深いのか。浅いのか。不明です。

ベベルギヤ。変に磨耗してないようです。

二硫化モリブデンはスリーボンド1901を使用。1kgって一生分ありそうです。

AMALIEオイルです。ファイナルに200ccを入れます。

モリブデンを混ぜるとこの通り。真っ黒ですな。

オイルの足りない分はハンマーオイルです。


これが疑心暗鬼になった写真。方向性が合ってるのか不安でした。

ドライブピニオンケースのOリング。変形して硬化してました。


プラグの焼け具合。燃調がやや濃いようです。気温上がって来たしー

先日の雨でフロントディスク錆びました。動かせばすぐ取れます。鉄だし仕方ないか。

反対側。こっちはまだらに錆が。

確認の試走です。気持ちよく走れますねー


















2017年5月20日土曜日

破断

にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村(こちらからMOTO GUZZI 乗りの方々のブログが読めますよ。)

2017年5月20日(土)

 「破断」嫌な言葉です。

実は、先週の日曜日にユニバーサルジョイントの高速試走を行なってみました。制限速度++αでも気持ちよく走れることを確認して問題なさそうなので満足して下道へ。我が家からは15km程度のところです。

信号で止まったところ急にエンスト。ん?キャブが追いついてないのかな?なんて思い再始動。問題なくエンジン始動します。そのまま走ってるとクシュってくしゃみ現象頻発。あれ?何か変。キャブ周辺を見てみると左バンク側のキャブが妙にブラブラしてるような気がします。V11の「雨の片肺事件」のようにラバースリーブが抜けかけてるのか?こいつもかよ。。と思いつつ路肩に止めて確認です。

あれれ!ラバースリーブが破断しとるがな。これで二次エアー吸って左側の燃焼がおかしくなってクシャミが出てるようです。マジか。凹むわ。。

またレッカー呼ぶことも考えたのですが残り15kmで、幸い左側なので手で押さえつつ、回転を最低2000rpm程度にアクセルコントロールしながら走ります。気をぬいて回転を下げるとエンストするんです。クシュって言うたびにガソリン臭いし大丈夫かぁ。ああ憂鬱。

なんとか家までたどり着きました。

ラバースリーブの予備なんてありません。早速、緊急手配。30φのキャブなので多分これだろうなってパーツを手配です。

パーツが来るまでに破断したスリーブをチェックしてみました。ゴム自体はまだ柔らかく硬化もしてません。カスタム時に新品が使われてる証拠です。そのゴムの半周くらい完全に割れた状態です。厚さ6mmもある分厚いゴムが割れるかねぇと思いつつ観察していると、まだ繋がっている部分にも亀裂があるように見えます。切開してみましょう。割れた部分と繋がってる部分を二つに切断してみました。おお、繋がってる部分にも全周に渡って亀裂が入っており有効な厚さは半分の3mm程度でしょうか。
右バンク側も外してみたところ全周に渡って同じ場所に亀裂が入ってました。これは仕様なのか?んな訳ないだろー。

原因の可能性は二つ。

・インマニ側だけで固定され、キャブとフィルター側がフリーのためエンジンの振動が伝わって振動疲労を起こして亀裂が入った。ただ、内側だけに亀裂が入るってあり得るのか疑問です。

・製造不良。このラバースリーブの製造が一体成形品なら可能性は低いと思いますが金型を分けてゴムを流し込み繋いでいるようだと熱の入りが甘くラバーが完全に溶けていない状態で出荷された。同じロットだとすると同じ場所に同じような亀裂が入った状態で出荷された。チェックしづらい場所です。

と想像してます。海外で作られているパーツなので何とも不明ではありますが。

何れにしても、パーツが届いたので交換して、今度はラバーやキャブの振動状態を確認するため試走で下道と高速走行してきました。ちなみに新しいパーツはしっかり繋がってて亀裂のないことは確認済みです。

明らかに調子が良いぞ。笑

アイドリングも凄く安定してるし、クシャミ現象も一度も出ず嫌な感じが綺麗に消えました。

時々クシャミが出てたのは亀裂から二次空気を吸ってたのかも。横浜のショップで「低速時に違和感があるのでちょっと様子見てます」もこれだったのかもって思えてきました。

ただ、亀裂が入った原因ははっきりしないのでしばらく様子見とします。亀裂はあるけどまだ使える右バンク側のラバースリーブは緊急時用としてサイドケースに忍ばせておくこととします。

もう1点気になってた40〜60km辺りで出るカチャカチャ音。メーター辺りから聞こえて来るのでメーターケーブルに注油したりライトケースの中を探したりしても音が消えず、もしかしてフロントサスのスプリング異常とかタイミングチェーンの緩みなの?ってバラす事を考えると凹んでたのですがやっと見つけました。灯台下暗しです。
場所は目の前。燃料キャップのカバーに遊びが多くて振動で金属同士が触れてカチャカチャ鳴ってたようです。クッションは付けてあったのですがヘタってきてたようです。何かいいものないかと机周りを物色すると地震対策用ゲルクッションが目に止まり、これいいかもと思い取り付け。クッション性が高いのでいい感じにホールドされる感じになり、音もスッキリ消えました。

気になってた音も消え何となく、グッと調子が良くなってきた予感がします。色々ご主人様を試してくれますよ。この子は。


そうそう、この高速試走中にSAでルマンII乗りの方と偶然遭遇しました。松山の方でした。ほぼフルノーマルのルマンII。トラブル時には部品を外してリパさんとこに送って修理してもらってるそうです。

病気自慢ならぬトラブル自慢話しに花が咲きました。GUZZIによくある光景です。

田舎のGUZZISTAは何かと大変ですよね。と笑いながら元気に本戦へ合流されて行きました。いつまでもお元気で乗ってくださいね。どこかでまたお会いしましょう。


左バンク側がこの通り破断してます。

パックリ行ってますね。

切開してみました。

繋がってる部分のヒビです。

広げてみると綺麗な断面ですね。製造不良なのか???

左も右も交換です。バンドも12mmサイズへ太くしました。

ここがカチャカチャ音の原因でした。ジェルクッションを取り付け。色々錆びてる。笑

ここのポッチにクッションが密着します。

ルマンⅡですよーー

ほぼフルノーマル。色々トラブルも経験されてるようです。笑

SAのとり天ぶっかけ。SAの割に想像以上に美味いですよ。

やっと正常になってきた予感がします。